November 29, 2016

2016年11月28日:宜野湾市めぐり(4)

普天間宮。奥に洞窟があって記名すれば見学できるが撮影禁止だった。






平日だったけど七五三の子どもわ連れた親子が。皇室情報の雑誌が置いてあってなんだかなあではあったが。

普天間宮そばの普天間コーヒーシャープという食堂。coffee shopのネイティヴの発音を聞いてショップがシャープになったとか。


シンプルに沖縄そば。


厨房で料理するおばさん。



この近くにある飲屋街の一角。ここもかつての特飲街。数少ない現役の元Aサインバー。いまもAサインがあるらしい。


あひる汁!





那覇に戻ってコーヒー屋台ひばり屋に寄った。今回はマンゴージュース。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016年11月28日:宜野湾市めぐり(3)

野嵩の石畳。中城城方面への道として使われたとか。










喜友名の石獅子。朽ちかけたシーサーが点在する。










返還が決まっているらしい元米軍住宅地。返還後は琉球大学医学部、癌研究施設、普天間高校などが移る予定とか。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016年11月28日:宜野湾市めぐり(2)

2004年8月、米軍ヘリが墜落した沖縄国際大学。被害を受けた校舎は建て替えられているが、近くの焼け落ちた木の幹が残っている。








佐喜真美術館。地図で見ると基地の敷地に食い込むように存在している。すく横は基地の金網。


丸木夫妻の「沖縄戦の図」は圧巻。

屋上に上がる階段の最後は6段と23段。慰霊の日6月23日を表しているらしい。






見下ろしと金網の向こう側にお墓が。



広大な基地を間近に見渡せる。







| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016年11月28日:宜野湾市めぐり(1)

大謝名メーヌカー。昔の井戸みたいなもの。







嘉数高台公園から普天間基地を眺める。







展望台のてっぺんまで上るのがしんどい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 28, 2016

2016年11月27日:1日中雨

朝は小雨だと思っていたらだんだん本降りになってきて、風も強かったので小さな折りたたみ傘だけではびしょぬれ。

国際カーニバル2日目、バイクパレードの中止を観光協会で確認。近くにある上間てんぷらで今回3度目のてんぷら調達。


沖縄のてんぷらはころもサクサクではなくシットリ系。ハムカツや唐揚げもあり。

ごーやー荘の秀さんに教えてもらった写真展を見るために小さなギャラリーを目指した。通りかかったフィリピンストア。


何度も前を通ってるけど開いてるのを見たのは初めて。日用品や食料品の店かと思ってたけど外から見た限りインテリア関連の店か。

写真展はおそらく復帰前後と思われる人々の生活や基地への抗議行動の様子をとらえていた。






とりあえずホテルに戻る途中で地元スーパーのサンエーにたちよった。4階の衣料品売り場へ。朝、琉球新報のネットニュースでたまたま、長袖のかりゆしウェアが注目されているという記事を読んでどんなものか気になっていた。

派手な柄の半袖シャツというのがかりゆしウェアのイメージだったのだが、意外にも地味目の柄も多くてもちろん長袖もある。派手な柄は沖縄にいるときはいいけど本土に帰ったら目立ちすぎるなと思って敬遠してたけどこれなら違和感なさそう。ということで長袖を2着購入。合計で15,000円弱。

着てみるとこんな感じ。




写真ではよくわからないけど、2枚目のシャツにも星の柄が入っててそれなりに南国風。

スーパー1階で沖縄風の缶チューハイや乾きもを調達。
日曜日はホテルのレストランが休みなのでステーキハウス四季というみせを目指すことに。

テンダーロイン200g、2,000円。


鉄板でジュージューしてるのをナイフとフォークでというのをイメージしてたけど、ひと口サイズの肉でもやしもご飯も和風な感じ。ウェルダンとオーダーしたからだけどとても柔らかくて美味でございました。

店を探してるときに見つけた裏通り。


ここもかつての特飲街。実際に歩いてはいないがストリートビューで見る限りスナックが数軒残ってる程度。

夜、ミュージックタウンで国際カーニバル最後のイベント、REVERSEのライブ。時間が押してたようで、前のバンドがまだやってた。ミスチルのコピーバンドなのだかあなどるなかれ、なかなか聞かせる。ボーカルの声が本物そっくり!

お目当てのREVERSEは木曜日の夜に店で見たオールディーズのバンド。と思ってたけどこの日はその範疇を越えて幅広かった。


最後はステージ前で踊りまくる人多数。ノリノリでアンコールも。

このステージ、初めてフェイスブックでライブ配信してみた。最初、誰もみにこないなあと思っていたら公開範囲が自分だけになってるのに気づいて、設定し直したら数人見てくれた。

配信1回目

配信2回目



改めて思ったけど、コザは音楽のレベルが高いぞ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2016

2016年11月26日:その2 パレードと大綱引き

ホテルを出てパレードを追いかけた。先頭のエイサーには間に合わなかったが、その次のサンバを見ることができた。

車椅子神輿あり



消防車あり



三板(さんば)踊りも
サンバと三板


そして夜になって大綱引き、の前にエイサー。


中央に引かれた線が綱引きで東西を分ける線になる。この写真では左が東、右が西。両サイドから綱が運ばれてきて線上で結合される。

結合された結び目。太い棒をかませている。



東は日本人チーム、コザ高校の生徒が中心だったようだ。西は外国人チーム、嘉手納基地の関係者とのこと。おそらく軍人も多いはず。

カーニバル実行委員長と嘉手納基地司令官の握手。なんか複雑な気持ちで見てた…



そして、引く、引く、引く!







始まると東に外国人が入って引き出したり、子どもは危ないからと言われつつ小さい子が引いてたりカオス状態w

1回5分間の2本勝負で、一勝一分けで東が勝ったらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016年11月26日:その1 ごーやー荘からサンライズホテルへ

2泊お世話になったごーやー荘をチェックアウト。恒例の記念撮影はオリオンビールの提灯が似合う木製カウンターで。しかも普段あまり座ることのない秀さん(宿主)側の席。このカウンター、けっこう気に入っている。



バスで2停留所分、中の町のサンライズホテルに移動。米軍占領時代から続く古いホテルで、今もAサインが残っている。



改装はしてるんだろうけど、どこか古めかしく、昔の映画に出てきそうというのが第一印象。

今回の沖縄旅の大きな目的はこの土日に行われる国際カーニバルを見ること。メイン会場となるゲート通りに近いこちらのほうが便利なので移動してきた。

チェックインは2時からというので荷物を預けてゲート通り入口のミュージックタウンへ。ちょうどカーニバルの開会式をやってた。



2階の 島ごはん で時間調整という名目の昼飲み。もずく酢、豆腐よう、泡盛古酒。


もずく酢がとても味わい深い。

ついかでジーマミー豆腐のコロッケ。


コロッケというよりは揚げ出し豆腐みたいな食感。

まだ時間があるのでパークアベニュー方面へ。パンフレットで見つけた反骨商店(!)へ。


オリジナルのTシャツと缶バッジを購入。

ゲート通り方面に戻りつつ沖縄市音楽資料館おんがく村に立ち寄ってみた。音楽の街を自称する沖縄市、民謡からロックまで沖縄で生まれた音楽を紹介している。オキナワンロックの代表格、紫の古いアルバムをしばし試聴させてもらった。


彼らが活躍していた70年代当時は特に興味はなかったが、いま聴いてみて改めて音源を探してみようかと思ったりしている。

ホテルまで戻ってステーキで有名なロビー階のレストランへ。サーロインステーキ150gをオーダー。ここでステーキを食べるのも楽しみのひとつだった。


牛を形どった鉄板でジュージューいいながら出てきた肉にはバターが乗っているのだが、それとは別にA1ソースというのが用意されている。少し酸味のあるソース。

スープ、サラダ、パン、コーヒーがついて1200円は格安。

お腹がいっぱいになったところでチェックインして部屋に落ち着いた。外からはエイサーを先頭にしたパレードが通り過ぎる様子が聞こえてくるのだか、落ち着き過ぎてなかなか体が動かず………

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2016

2016年11月25日:その4 飲みの時間

夕方、宿に戻ってひと休み。帰路の途中に上間てんぷらで買ってきたウィンナー、とうふ、もずく天に、朝、仲松商事で買った泡盛でおやつタイム。




徒歩10分くらいの中乃湯へ。


沖縄に唯一残る銭湯だとか。湯と水の蛇口がホースで一本にまとめられた簡易混合栓(?)がとてもユニーク。おばあがひとりでがんばってるみたいなので興味のある人はぜひ。

夕食は銀天街の屋台でと思ったが意外に混んでて座れなかったので、たいら洋品店という名の飲み屋でビール飲みながらラーメン。

そしてアイラというウィスキーバーへ。


なかなか日本では見かけないらしいブラントンゴールドをロックで。


ここのマスター、おもしろい人だった。

最後に中の町で中味そば。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016年11月25日:その3 ちゃんぷるー市場から八重島へ

JAおきなわが運営するちゃんぷるー市場に着いたころには昼どき。


ということで390円の弁当と125円のグァバ茶を購入。


たまたま目の前にあったバイト募集の広告。


沖縄は弁当も安いが時給も安い(p_-)


バスで戻ってきて嘉間良から八重島に向かった。坂道が多くてなかなかしんどい。この辺りに住んでる人は鍛えられるなw

八重島は白人向けの特飲街だったところ。かつての賑わいはまったく感じられない静かな住宅地だが、よく見ると当時の飲み屋だったらしき痕跡が残る。



かつてのAサインバーを改装したという喫茶店 響。






アイスコーヒーを頼んだらケーキがついてきた。これで400円。


スピーカーからはクラシックが流れていた。




市民ホールとなりの中央公民館に、八重島が賑やかだったころに米兵の住宅街への侵入を知らせた鐘が残っていると本には書いてあったけど見つからず、入口の受付の人も知らないという。うーむ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016年11月25日:その2 コザ十字路の壁画

わりと新しいコザの名所。コザ十字路わきの既存の建物の壁に100mくらいにわたって、琉球王朝時代から現在までのコザの様子を描いた大壁画がある。




連続して描かれているが、ひとつずつ時代背景を確かめながら見るとおもしろそう。

米軍占領時代に黒人街といわれたこの近辺の様子…



いま、銀天街でがんばる総菜屋のおやじさん…




道路をはさんで壁画の反対側の坂道を上っていくと越来城址。


かつて残っていた石垣は、戦後に土地改良のためとして米軍に破壊されコザ十字路あたりに埋められたらしい。前述2枚目の壁画写真がそれ。
展望台の下にわずかにその痕跡らしき石積みが見える。



展望台から。


パノラマ
越来城址の展望台から

少し歩いて越来小学校の裏手にある伝説の白椿を眺め、その近くのこんな風景が気に入った。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

«2016年11月25日:その1 餌の行動